child fit
  • コンセプト
  • child fitの強み
  • 商品詳細
  • お客様の声
  • ご注文の流れ
  • お問いあわせ
  • よくある質問
  • 会社概要
  • 特定商取引法の表記
  • 個人情報保護方針

child fitの強み

HOME > child fitの強み

チャイルドフィットのこだわりについて

子育てが千差万別である様に、幼児机の製造に携わる方々にも色々な考え方があると思います。
もし、整理整頓を癖付けたいと願うのであればこの机はもしかしたら無意味な机になるかもしれません。
もし、インテリア性やデザイン性を求めるのであれば、この机はもしかしたら魅力のない机になるかもしれません。
この机は、机で絵本を読む、書く、作業に集中するといったことに対する注意力を阻害するものはありません。
子供が自然とこの机に座りたくなる、そして自分の居場所を見つけて集中できる、
そしてこの木机が大好きになることに私たちはこだわり続けました。
幼児机

一番のこだわり、匂いについて

幼児の集中力を持続させるのに、必要なものがあります。
それは、視覚・聴覚などの、脳を使う事ではなく脳に働きかける役目をする五感のひとつ臭覚の必要性です。
チャイルドフィットの机椅子は完全無塗装です。
あなたはフィトンチッドという森林が発する臭いの成分をご存じですか?
この匂い成分はドイツではクナイプ療法という健康保険適用の正式医療行為として認可されており、主に精神面での療法に有効だとされています。
日本国内では2004年以降、森林浴の効果を科学的に検証し予防医療などに役立てる取組みが始まっており、林野庁・厚生労働省・各研究機関や大学・企業などが「森林セラピー研究会」を組織して研究を進めています。
又、第77回日本衛生学会総会を機に森林医学研究会(代表世話役 日本医科大学  李卿)が設立され、研究の裾野が広がっているのが現状です。
このフィトンチッドの効果は幼児の自律神経の安定に大きな影響を及ぼします。
子供の心は移り気です。
例え、かわいい机を与えても、恐らく執着するのは最初だけでしょう。
私達の机は、幼児の意思に働きかける机ではありません。
「フィトンチッドの効果」が、自律神経を安定させ集中力を持続させるのです。
  • 無塗装へのこだわり1
  • 無塗装へのこだわり2
  • 無塗装へのこだわり3

こだわりの材質について


一つ一つ心をこめてつくった手作りの椅子机です

  • 作業風景1
  • 作業風景2
  • 作業風景3


チャイルドフィットの材質は国産杉100%(日本農林規格証明書取得)で出来ています。
国産杉は針葉樹の中では、最も優れた匂いの特性を持つ木です。
この商品は産地の違う、3種類の杉の原木を使用し、どの季節に伐採を行ったかによりブレンドを変更し常に最良の配合でブレンドして作られています。

■ 粘りを担当する杉= 兵庫県中部産

■ 香りの強さを担当する杉= 京都府北部産

■ 堅さ・強さを担当する杉= 福井県産

夏刈りの材料・冬刈りの材料のバランスや山の斜面の北側・南側のどちらで伐採されたのかまで研究して、製作しています。

そして、ここにもこの「フィトンチッドの放散」へのこだわりがあるのです。

  • #

    一本一本を並べて作ってゆく工場内の風景

  • #

    全ての木材を10分の1ミリ単位で均一の厚みにする作業

構造のこだわり


現在市販されている机の大半がこの様な構造になっています。(図1参照)
この図は正面から見た図ですが横板の溝にテーブルを差し込みダボと言う木製ピンで固定する方法です。
これは最低限、当たり前の方法なのですが、ただ、単にネジで止めているだけという物も多く出まわっていますが、
机として、かなり無理があります。

私達の机、椅子は共に建築士の構造計算をもとにこのようなスチールボルトを採用しています。(図2参照)

  • 断面1
  • 断面2
  • ▲図1
  • ▲図2


コンクリート(1つ17KG)×10個=170kgをテーブル面に載せましたがびくともしません。

頑丈


  • 頑丈
    ▲荷重テストの様子

私達の国産木材へのこだわりを評価いただき、年輪の里に展示して頂き、幼児教育専門雑誌アエラ・ウィズベビーにも掲載されました。

私達の私達の国産木材へのこだわりを評価いただき兵庫県立の年輪の里の展示して頂き、 コンセプトに興味をもっていただいた朝日新聞社の幼児教育専門雑誌アエラ・ウィズベビー に掲載していただけました。 この雑誌は冊子中で2ページ程しか広告を出さない硬派な幼児教育雑誌です。

紹介画像
年輪の里での展示の様子

  • 紹介画像

こだわりの安全性、そして自分だけの机へと

全ての角が丸いのは、幼児机として「当たり前の話です。」
勿論、私達もその配慮は怠っておりません。
私達が「杉」を選んだもうひとつの理由は 「木が柔らかい」という事です。
勿論、構造上弱いという話ではありません。
広葉樹に比べて表面が柔らかいというだけの事です。
そして、走り回る子供は何処で転倒してもおかしくありません。
この、杉の持つ特性はケヤキ・ブナ・樫・楓などの広葉樹やゴム・メイプルなどの海外の堅い木と比べて 、あなたの子供に与える衝撃が少なく、大 けがの危険性が少ないのです。
しかし、一方では 柔らかいという事はデメリットでもあり、机の表面に、傷が付きやすいというマイナス面があります。
もし「ずっと綺麗なままで使用させたい」と御考えでしたらこの幼児机はお勧めできないかもしれません。
そして無塗装なのですぐに汚れます。
(ただし、汚れを落とす方法は取り扱い説明書にて、色々用意しております。)
これをデメリットとして考えるのであればお勧めできないのかもしれません。
この机・椅子は子供の成長と共にだんだんと味をだしていく机・椅子であり、
だからこそ愛着のわく自分だけの机になっていくと考えております。




机と椅子の形状